「2011年08月」の記事一覧

下呂温泉 加恵瑠神社

2010年7月に建立された「加恵瑠神社」の御神体は蛙(蟇)の精であり、全国唯一の神です。
加恵瑠神社縁起
蛙は、下等脊椎動物と高等脊椎動物との中間移行型を示すとともに、水中・陸上何れにもよく順応する優れた特性をもち学術的にも極めて貴重な動物である。
即ち、釈尊が天上天下を指して、宇宙空間における自己の尊厳を示された如くに似て、動物界の高等下等の間にあって、驕ることなく遜ることなく平かなる生き様を会得し人にその範を示す。加恵瑠神社の信仰は、その精に肖って優れた特性を授かり、諸願成就の功徳を願わんとするものである。

蛙は「返る」に通じ
若返る・・運動機能・体力の復活(病平癒)
知恵返る・・学力増進・記憶力増進
無事返る・・旅行・交通安全・失せ物・落とし物
とあり、御利益を運んでくれます。
水中における蛙の活動は巧みであり跳躍力も優れていることから加恵瑠神社信仰によって、水泳上達・ジャンプ力の増強の霊験を得るともあります。

至る所に蛙が居ました。灯篭も蛙の形をしています。


こちらは、加恵瑠大明神です。お賽銭を奉納すると加恵瑠大明神からお告げを聞くとができます。

カエルは、さまざまな象徴的意味で用いられますが、
古代インカ文明では“豊かさ”と“幸運”意味し、エジプト文明では、子をたくさん産むカエルは豊かさの象徴とされ日本以外でも縁起が良い者とされています。
当館でも、縁起の良い蛙の置物がありお客様をむカエル準備は、整っております。
当館にお越しの際は、是非この蛙を探してみて下さい。

皆で縁起をかつぎ幸運を呼びましょう!!
和のコンシェルジュ
国吉茜
よろしくお願いします。

私もFacebookやってます。