消防訓練


年に2回は消防訓練をします。
消防署の人が館内の火災発生現場設定で無作為に部屋を選び部屋の火災センサーを作動させます。
そうすると火災警報機が作動して、「現場を確認せよ」と指示を出してくれます。火災受信盤で火災警報機が作動している方面に火災の確認に行き、現場を確認します。現場の火災を確認して、火災だとわかるとマニュアルに従って火災スイッチを押します。そうするとあらかじめ設定されているメッセージがとても非常事態とは思えない程に冷静な男性の声で「火事です。火事です。火災が発生しました。」と非常放送を流してくれます。スタッフは分散して避難誘導をする係、初期消火をする係、避難したお客さんの人数を確認する係などに分かれて、これもマニュアルに沿って訓練します。
毎年2回の訓練で慣れていますが、実際はこんな冷製にいかないものでしょう。
火災だけでなく地震でも同様にお客様を安全な場所に避難させなければなりません。
そんな訳で、今回は消防署の人も言ってましたが、火災だけでなく地震が来て起こる火災も含めて最悪の場合を想定して訓練するのが望ましいいという事でした。


門の脇にこんなんが居た。


え〜
icon99が続いていたので
こんな大きい蛙がで〜んと
偉そうに門の所で構えていました。
しかも背中がイボイボで相当気持ち悪いicon43
しかし、相当至近距離で撮影
怖かったです。
今にも顔に飛びかかりそうな迫力ですが
蛙もこちらが怖いようで固まっていて
動かなかったです。
撮影終了すると蛙はぎこちなく
赤ちゃんのハイハイのような
動きでツツジの茂みに入っていきました。
ひとつよろしくicon10